腸内フローラ

腸内フローラって、何でしょう?花?

私たちの普段の元気に、実はとても直接的につながりしている腸内フローラ
大切な体のことですのでぜひ押さえていただきたい予備知識をご説明していきます。

 

私達人間の腸内には、さまざまな細菌が生息している事をご存知でしょうか?
信じられないかもしれませんが、それらはなんと、数百種600兆個以上もの細菌がすんでいるのです。

 

特にに小腸から大腸にかけて、これらのたくさんな腸内細菌が種別ごとに集団を構築してまとまり、腸の壁面に所狭しとすんでいます。

 

顕微鏡で腸の中を確認すると、それら腸内細菌はまるで植物が群生している「お花畑」のようにみえることから、『腸内フローラ』と呼ばれるようになりました。

 

しかも腸内細菌の種別や数は食事や生活習慣・人種・年齢などにより異なるため、腸内フローラも人それぞれ違いその腸内フローラによって健康状態も変わってきます。

 

人の体調は腸内細菌と腸内環境に大きく影響されます。
その腸内細菌は、ざっくりと3つにカテゴリーされます。

 

乳酸菌などはよく知れた人体に貢献な働きをする善玉菌で
悪玉菌の侵入や増殖を防いだり、腸の働きを良くしたりすることによって、おなかの調子をコントロールしビフィズス菌、フェーカリス菌やアシドフィルス菌などが代表される最近です。

 

 

悪玉菌は人体に良くない活動をする最近で腸内で有害な成分を作り出し
悪玉菌が増加することになると、便秘や下痢などおなかの調子がひどくなることもあります。
病原性大腸菌、ウェルシュ菌や黄色ブドウ球菌などが悪玉菌の代表最近です。

 

 

そしてどこにも属さない中性的な最近が日和見菌で
腸内の善玉菌・悪玉菌のとちらか優勢な最近にに同調し助っ人の細菌として活躍します。

 

そして、このようなことの割合すなわち腸内フローラの状態を腸内環境と呼んでいます。

 

魅力的な腸内フローラとはどんな状態か分かりますか?

 

それは腸内フローラを構成する最近の割合が決め手となります。
腸内フローラの魅力的な状態とされる割合は善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割
この割合に腸内環境を維持することがとても重要で健康へとつながるのです。

 

このような腸内フローラを保つにはビフィズス菌などのサプリは大変有効です。